どどんとふ「むせる」は 2020年 の 11月30日 23:59 をもちまして全てのサービスを停止、サービスの提供を終了させていただきます。割と先の話に見えますが、東京五輪が終わったらもうまもなく「むせる」も終わると考えると存外近く思えなくもなく。(・・・と書いてたのに、まさか東京五輪より先に終わることになるとは当時思いもせず)

元々どどんとふ「むせる」については「個人により提供されるサービスには終わりを設定するべきである」というポリシーに基づき、2012年11月のサービス開始時より「長くても2020年まで」というタイムリミットを設けていました。この時点ではあくまで「区切り」の設定で、この区切りをもって終了するのか、あるいは継続の判断をするのか、それはその時に決めるつもりでいました。

そこへ先日(2017年7月)、AdobeによるFlashのサポート終了宣言ITmedia記事)が出されました。サポート終了は2020年末とのことで、幸いというべきか何というべきか、予定してた終了タイミングとドンピシャリ。じゃあもうこちらもさっさと告知だけはしてしまおうという流れです。



さて、そうなりますと「次は?」とか「替わりは?」という話になるわけですが、安心してください。 履いてますよ。 既にいくつかの次世代プラットフォームが稼動し利用されています。長期メンテの度に案内してきた甲斐があるってもんです。



オンラインセッション専用サイト

世の中はどんどん便利になっていくもので、今はオンラインセッション専用のサイトが存在します。かつて富士見書房が運営していたような、セッションマッチングも行える統合型SNSも出てきています。
コマ管理もBGM再生機能も搭載したセッション機能統合型SNS「TRPGオンセン(TRPGオンラインセッションSNS)」、CoCで生まれた演出重視の遊び方に合わせて作られた「ココフォリア」、セッション後のコンテンツ化機能が充実している「TRPGスタジオ」、3D表現をサポートしたテーブル表現でTRPGに留まらないオンラインセッションを可能にしている「ユドナリウム」、「どどんとふ」と同じ感覚で遊べるようにというコンセプトで作られている「Quoridorn(コリドーン)」や「ダイスゴリラ」や「Tekey」、コマ管理が不要であればシンプルで使いやすい「Tablk」などがあります。



ダイスロールつきWEBチャット

IRC同様、コマ管理が不要ならこちらで十分なことが多く、更に言えばこちらはインストールも不要でお手軽です。自鯖設置可能なものも含めて選択肢は数多く、モバイル対応のものを利用すればskype併用もしやすいでしょう。
シンプルながらもTRPG向けとして必要十分な機能をそなえた「ゆとチャadv.」、モバイル主体で設計され立ち絵はじめ各種演出機能もサポートしている「ねこ卓」、汎用ながらSWに関しては「どどんとふ」と同じダイスボットを搭載している「NetROOM」、色々と多機能な「Feeder」あたりがオススメです。



炬燵
 
H.Ayameさん謹製の「炬燵(こたつ)」という多機能コミュニケーションツール(Java製)があります。どどんとふ以上に多機能で、特に絵チャ(お絵かきチャット)の機能は強力です。
公開サーバーもありますが部屋数がさほど多くないため、基本的に卓メンバーの1人がサーバーを立てて、そこに他のメンバーが接続して使う形となります。こちらはポート開放など少々難しい設定が必要になりますが、そこさえクリアできればかなり安定した多機能なオンセができます。



汎用コミュニケーションツール

大規模な汎用コミュニケーションツールはICQやSkypeなど様々なものが存在してきましたが、最近ではDiscordが安定性・機能性に優れた選択肢として挙げられます。タブを分けてのテキストチャットはもちろんボイスチャットもできますし、「Discord でどどんとふのダイス (BCDice) を振れる bot アプリ」なるものも登場し、コマ管理が不要なセッションであれば十分遊べます。Discord自体はアプリもありますがブラウザだけでも利用できます。

また、TRPG界隈では昔からIRCというテキストチャットツールが良く使われます。クリエイターズネットワーク(旧TRPG.net)傘下のIRCサーバーであればダイスロールもできます。クライアントソフトウェアのインストールと接続設定が必要ですが、それさえクリアしてしまえば後は悩むこともそうそう無く動作も軽く、ユーザーも多いため、ちょっと困ったときでもすぐにサポートが効くのが強みです。

チャットなどコミュニケーションはこちらで行い、テーブルやコマ、カードなどの情報共有は別ツールで行うという合わせ技もアリです。例えば2020年のTRPGフェスではDiscordと他ツールの合わせ技の形でオンラインセッションイベントが行われていました。(ガイド「オンラインセッション初心者の方へ」



で、どれ使えばいいの?

とりあえず迷った場合はユーザーも多い「ココフォリア」に行ってみると良いでしょう。ユーザー登録に抵抗があるならば、ちょっと変わったユドナリウムを試験的設置している「ウドなり」、多種多様なシステムをカバーしているどどんとふ公式鯖に置かれている物で触って試してみる手も。見比べてるだけだと何も進みません。



ところで他の「どどんとふ」は?

残念ながら代替になりません。Flashのサポートの終了を受け、主要ブラウザ側でもFlashを動作させないようになるので、当サービス同様に告知を出している公式鯖を始めとする公開サーバーはもちろん、自前サーバーも含めて利用できなくなります。慈悲はない。



AIRクライアントという選択肢

実は「むせる」は2017.08.21にAdobeAIRランタイムを用いて独立したアプリケーションとして動作する「むせるAIRクライアント」をリリースしています。あくまでブラウザの対応状況に影響されないように2020年まで続けるためのものでしたが、FlashPlayer終了後の移行期をカバーするためにAIRクライアント専用サービスとして2021年以降も継続することを決定しています。ただ、「どどんとふ」としてではなく、あくまで「むせるのAIR版」であり、移行用として運用するものです。興が乗って色々実装始めちゃうかもしれませんが移行用です。うっかり数年続いちゃうかもしれませんが移行用です。移行用なんですってば。



これを書いた当時はまだ3年先のお話でした。気が付けばもうすぐ目の前の話に。次の選択肢へ進むお時間です。さぁ、参りますぞご主人。